名称: カトリック八王子教会

教会堂名:

諸聖人
創立年月日: 1877年
主任司祭: フランシスコ・ザベリオ 辻 茂 (つじ しげる)
助任司祭: 使徒ヨハネ 森 一幸 (もり かずゆき)
信徒数: 1,884人 (2013年12月31日現在)
主日のミサ:

土曜日 16:00  日曜日 7:00am / 10:00am(第4は手話ミサ)

第2、4土曜日 9:30am(スペイン語)  第2日曜日 13:00(英語)

週日のミサ: 火、木曜日 7:00   金曜日 10:00
宣教協力体: 多摩西 →宣教協力体のページへ
教会学校:

土曜日 14:30-16:00 (対象:小学生)   日曜日 10:00 ミサ後(中高生会)

講座:

聖書クラス 金曜日10:00 ミサ後

入門講座   土曜日10:00〜 ・18:00

福祉活動:

聖ビンセンシオ・ア・パウロ会

  教会に来られない病者、高齢者を訪問。人格的接触を図る。

ブラジル援助の会

  ブラジルのハンセン病施設、孤児施設、貧困家庭デイケアに対する援助活動。

アンデレの会

  ハンディのある人々と共に生きる。ミャンマー神学生の援助 。

住所: 192-0066 東京都八王子市本町16-3  Google地図へ
電話: 042-622-1642
Fax: 042-627-6490
ホームページ: http://homepage3.nifty.com/all_saints/
身障者設備: スロープ(または、バリア・フリー)、トイレ
交通案内:

JR中央線「八王子駅」より、徒歩10分。

京王線「京王八王子駅」より、徒歩17〜18分。

 

【京王八王子駅より】

1番のりば

京王バス 八02系統 八03系統 長房団地行き

京王バス 八04系統 八06系統 館ヶ丘団地行き

京王バス 八05系統 城山手行き

京王バス 八91系統 上大船行き

京王バス 八92系統 法政大学行き

京王バス 八93系統 東京家政学院行き

いずれも「八日町一丁目」下車、徒歩1分。

 

【車でお越しの場合】

中央自動車道八王子ICより約4km(15分 位)。八王子第1出口より約4.5km(20分位)。 ※駐車場(約20台)

【歴史】 

1876年より下壱分方を訪問していたテストヴィド神父は、一里ばかり手前の八王子にも福音を伝えようと、その足を止めた。彼は下壱分方の人々に対するように、熱心に宣教を試みたが、当初は大した成功を収めることはできなかった。
しかし横浜で信者となった塚本五郎氏の一家が、郷里の八王子に住むようになると、彼らは自分たちの家を、テストヴィド神父に提供したので、神父は彼の家を宿泊所とし、たびたび八王子を訪れるようになった。塚本氏の影響もあって、信者は次第に増えていった。 このように、1877年、教会の母体は元八王子村にて創立された。
1884年、八日町に一軒の家を借りて伝道士が住むようになると宣教活動は本格化し、大きな成果があがった。1889年、礼拝堂が三崎町に完成した。
1892年、八王子は神奈川県から東京府へ組み入れられた。人口も次第に増加し、町としても大きく発展していった。
 

八王子の宣教に情熱を燃やしたテストヴィド神父の活躍はめざましい。その活動は埼玉県全域、神奈川、そして西は浜松にまでおよんでいる。
過労のため病気になったテストヴィド神父が、1890年八王子を去ると、レゼー神父、ヴィグルー神父、カディヤック神父らが自分の受持ち地域とともに下壱分方、八王子をも巡回し、信者の世話をした。
 

1892年11月、メイラン神父が主任として赴任した。その年の1月に全村を灰塵と化した大火から、まだ立ち上がることができなかった下壱分方に本拠地を置くことが出来なかったので、彼は八王子に司祭館を置き拠点とした。
彼は1896年に本町に600坪の土地を購入し、聖堂建築を開始した。同年10月、盛大な献堂式が行われた。しかしこの聖堂は、わずか半年後の1897年4月22日、八王子の大火で焼失してしまった。廃墟の中に至急立てられた小さな平屋が、お聖堂、伝道館、司祭館として使用されることになった。
それから十数年後の1913年、ようやく待望の聖堂が完成し、レイ大司教司式による荘厳ミサで祝別された。 しかし、第2次世界大戦の際、空襲により全焼した。
1936年、八王子地区での44年の宣教活動を終え、邦人司祭に司牧をゆだねたメイラン神父は、清瀬に引退した。神父の感化によって司祭への召命は多く、現在も各地でその活躍がみられる。

 

その後、1950年に現聖堂の祝別式が行われた。司祭館兼信徒会館の建物は、1992年に建てられた。八王子小教区区域の中から、立川教会、原町田教会、青梅教会、五日市教会、豊田教会が次々と独立し、今日活発な宣教活動が続けられているが、宣教師たちが広い地域に惜しみなく蒔いた種が、今豊かに実っていると言えるだろう。

 

教区ニュース88号(1991年11月発行)より 抜粋

 

カトリック東京大司教区 トップページへ